« 提供者と生まれてくる子供の血液型の関係 | トップページ | 精子提供と出産の疑問 »

2011年4月 2日 (土)

精子提供と妊娠について-子供の血液型

男性不妊で悩まれている方にとって、生まれてくる子供とパートナーの血液型が違うことから、精子提供を受けたことを意図せず知られることは、絶対に避けたい問題だと思います。

普通はパートナーと同じ血液型の精子提供しか受けられないと思われがちですが、精子提供者とパートナーの血液型は、必ずしも同じである必要はありません

生まれてくる子供の血液型は、精子と卵子の持つ遺伝子と、優勢・劣勢遺伝子の関係で決まります。

話を合わせているわけではないことを示すために、女性の血液型をお知らせいただけは、「生まれてくる子供の血液型の可能性と、その血液型の子供が生まれるはずの男性の血液型」をお知らせします。

airystork@mbr.nifty.com

までお問い合わせください。仮名、フリーメールで問題ありません。携帯電話の方は、mbr.nifty.comからのメールを受信できるように設定しておいてください。

女性の血液型がO型の場合、生まれてくる子供の血液型を正確にお知らせできます。AB型の場合は正確な確率をお知らせできます。

A型かB型の場合、下記の検査結果をお知らせいただければ、生まれてくる子供の血液型の正確な確率をお知らせできます。

ヒメナオンラインショッピング

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

精子提供の実績を見られると、流産のケースが非常に多いと感じられる方がいらっしゃると思います。
しかしこれは精子提供だから流産が多いと言うわけではありません。
タイミング法でもその他の方法でも、本当は五割近くの方が妊娠されますが、その内六割程が受精した卵子の問題で、数日程度で流産されます。
通常は生理が遅れたとしか認識されないのですが、精子提供を受ける方は妊娠したかどうかとても注意されるため、妊娠-流産という過程が起きたことに気がつき、結果として流産という結果が多くなります。
精子提供だから流産しやすいという訳ありません。

« 提供者と生まれてくる子供の血液型の関係 | トップページ | 精子提供と出産の疑問 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精子提供と妊娠について-子供の血液型:

« 提供者と生まれてくる子供の血液型の関係 | トップページ | 精子提供と出産の疑問 »