« 精子提供で妊娠するの? | トップページ | 取材掲載号が出版されました »

2019年11月30日 (土)

精子バンク・提供者を選ぶにあたって

最近インターネット上で精子提供者が増えているように感じます。

これはこれはLGBTQへの理解が進んでいることと関連していると考えており、それ自体は歓迎するべきことなのだと思います。特に提供者が居なかったり少なかったりした地域の方にとっては良いことだと思えます。

しかし気になっているは、ホームページやSNS、登録料を払えば掲載してもらえる精子バンクのサイトなどの広がりともに、精子提供の十分な知識を持たずに提供活動を行っているケースが増えている点です。また、中には悪質な提供者も紛れているようです。

精子提供を必要としている方には、提供者が信頼に足るのか、十分な知識を持っているかは、なかなか違いが判りませんし、特に切実な状況では尚更違いは分かりにくいと思います。

精子バンク・精子提供サイトは以前から玉石混合でしたが、より選ぶのが難しくなっているようです。

精子提供を受ける際には、慎重に提供者を選んでいただきたいと思います。

 

« 精子提供で妊娠するの? | トップページ | 取材掲載号が出版されました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 精子提供で妊娠するの? | トップページ | 取材掲載号が出版されました »