« 取材掲載号が出版されました | トップページ | 自分がAID(非配偶者間人工授精)を病院で受けられるか疑問な方へ »

2020年2月25日 (火)

提供で生まれたお子さんとの面会について

精子提供で生まれてきたお子さんが大きくなった時に、提供者に会うことを希望した場合、会ってくれるかどうかというご質問をいただくことがあります。

精子バンク コウノトリでは、お子さんが希望されたときにはお会いすることとしています。

昔一般的であった、お子さんが高校生になったら、20歳になったら、というタイミングで突然精子提供のことを話すことは、お子さんのアイデンティティに非常に悪い影響を与えることが分かっています。

精子提供のことを話すならば、年齢に合わせて理解できる形で話していくのが良いとされており、必要ならばそれに合わせてお子さんとお会いすることとしています。逆に希望されないのに会いに行ったりはしません。

提供者に会ってみたいのに、記録がない等で会うことが出来ず、ほとんど望みがないものの十年以上探し続けている方もいらっしゃるようです。精子バンク コウノトリではそのような苦しみは味わってほしくないと考えています。

 

« 取材掲載号が出版されました | トップページ | 自分がAID(非配偶者間人工授精)を病院で受けられるか疑問な方へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 取材掲載号が出版されました | トップページ | 自分がAID(非配偶者間人工授精)を病院で受けられるか疑問な方へ »