« 2020年2月 | トップページ

2020年6月

2020年6月12日 (金)

提供者の学歴について

  当精子バンクの提供者は

早稲田大学 卒業

東京大学大学院 修了

です。証明書については下記をご覧ください。

 

Bachelordegre Masterdegree

ホームページに戻る

 

自分がAID(非配偶者間人工授精)を病院で受けられるか疑問な方へ

男性不妊に悩んでいる方、FTMご夫婦の方など、AID(非配偶者間人工授精)を受けることができるのか、どこの病院・施設で受けられるのか、疑問を持っていらっしゃる方がいると思います。

AIDには日本産婦人科学会のガイドラインに加えて、病院、実施施設ごとに手続きを設けているところもあり、受けるためにはいろいろな条件を満たしている必要があります。また、子供の出自を知る権利との兼ね合いを整理する法律が未整備であることから、精子提供ドナーが急減しており、新規でAIDの受付を停止している病院が過半となっています。

AID(非配偶者間人工授精)を受けられる病院、施設についてはこちらにまとめています。

AID実施施設として登録されている病院で精子提供を受けられない場合は、民間の精子バンクを利用することになります。方法はタイミング法、病院の利用、シリンジ法となります。

シリンジ法で無事妊娠された方もいらっしゃいますが、女性の妊活には時間の制限があるにもかかわらず、確率の低さがあまり考えられていない点は若干懸念しています。宝くじには当選者はいますが、個人個人で見れば当選はほぼ見込めないのと同じです。

精子バンク コウノトリでは、精子提供の方法の利点・欠点を含めたカウンセリング、精子提供を行っています。

希望される方はこちらからお問い合わせください。

 

« 2020年2月 | トップページ